LINEで送る

インプラントにチタンの性能

インプラント

歯を歯根からなくしてしまった部分の新しい治療方法として、インプラントは高い技術で快適な食生活を送ることができます。インプラントは、チタンの人工歯根をあごの骨に埋め込むことから始まり、定着をした後に人工歯を取り付けることになります。人工歯根が骨に定着させることが第一となるのですが、なかなか定着しなければ新しい歯を手に入れるにも時間がかかってしまいます。チタンの光機能化技術では、より歯に定着させることができる高い技術を持ったインプラントの方法であり、今日では日本でもたくさんの歯科クリニックで受けることができるようになりました。光機能化技術とは、チタンのまわりについている炭素を取り除くという技術になります。チタンと骨の接合がうまくいかない理由ともなっている炭素は、チタン製人工歯根が製造されてから年数がたつにつれて増えてしまうものであり、インプラントの劣化ともなっています。しかし、チタンの人工歯根に光機能化技術を施してみると、炭素によって妨げられていた本来のチタンのメリットでもある水をはじき水に触れても水がなじまないという性質を大いに発揮できます。骨への定着も高まって早く人工歯を取り付けることができるようになります。

 

↑PAGE TOP