LINEで送る

インプラントの麻酔について

インプラント

インプラントの手術を行う際には、一般的に局所麻酔をして治療を行うため、痛みをほとんど感じないで治療をすることができます。麻酔は注射で行いますが、技術が発達していることもあり、電動の注射器が開発されていて、痛みが少ないようなスピードで注射針を入れることが可能なため、ストレスが少ない治療を行うことができます。インプラント治療で用いる麻酔には、静脈内鎮静法と呼ばれる技術も用いることがあります。鎮静薬を点滴で体内に投与する方法であり、全身の感覚を少しなくすことが可能になっています。治療中の不安や緊張を軽減させることができ、リラックスしながら治療をすることができるため、手術に苦手意識が強い人などが行うことが多くなっています。体が少し鈍感になりますが、生体モニターによって、体の状態を確認しながら治療ができるため、安心できます。インプラントの麻酔には、笑気麻酔を使うこともあります。笑気とは亜酸化窒素ガスのことであり、鼻から吸引をすることによって、ほろ酔い状態に近い感覚になることができ、リラックスしやすい状態になることができます。治療後にすぐに帰宅をすることができる技術になっているため、安全に治療をすることができます。

 

↑PAGE TOP