LINEで送る

オールオン4の治療法について

インプラント

総入れ歯や、多くの歯を失った人の場合、インプラント手術をすると、以前はインプラントを10本から14本埋めこんでおり、この方法だと患者さんの負担も大きく費用を多くかかります。今は人工歯根を4本から6本埋め込み、特殊な技術を用いて、片顎の全ての歯を支えうることができるので、最低の4本の人工歯根をもちいて、この手術がおこなわれ、オールオン4と呼ばれています。顎の骨が薄い場合は、今まで、この手術をあきらめるか、骨の移植が必要でしたが、顎の骨が薄くてもオールオン4でしたら、インプラント治療ができるようになりました。

 

インプラントにする良さ

歯は、さまざまな理由で欠損をしてしまうことがあります。永久歯が欠損してしまった場合は、2度と生えてくることはありません。そんな歯が欠損してしまった場合の治療法として、インプラントがあります。入れ歯やブリッジの治療法に比べると、高額なイメージですが良さもあります。インプラントは、見た目も日常生活も天然の歯のように生活できます。また、健康な歯に負担をかけることがありません。見た目も天然の歯のようなので、顔の印象にとってもいいです。

↑PAGE TOP