LINEで送る

小児歯科では虫歯予防ができます

インプラント

小児歯科では虫歯の予防治療をすることができ、小さなお子様の虫歯を予防することができます。幼い頃から虫歯予防をしておくと、大人になってから虫歯になりにくくなり、生涯にわたって自分の歯で食べられるようになります。小児歯科では虫歯予防のためにフッ素塗布を行っています。歯にフッ素を塗布すると、唾液に含有されているミネラルの沈着を促進し、再石灰化をサポートすることで歯が丈夫になります。また、酸の影響を受けにくくなり、虫歯になるのを防げます。

 

インプラントの専門医

インプラントの治療を行うことが可能な医師の中には、専門医という資格を持っている人がいます。5年以上、資格を与えている学会に所属していて、資格認定試験をパスすることによって得られる資格になっていて、取得することが、比較的難しくなっています。インプラントの専門医は、治療が終わって、メインテナンスへと移行して3年以上経過した症例を、20症例以上経験していることが試験を受けるための条件になっていて、たくさんの経験を経験しなければ取得できないものになっています。

↑PAGE TOP