LINEで送る

注目を浴びるインプラント治療

インプラント

ブリッジ、入れ歯につづく歯の欠損治療としてインプラントは注目を浴びています。ブリッジ、入れ歯の治療につきものだったデメリットがインプラント治療にはないので、歯科治療のひとつとして選択肢にいれておくといでしょう。以前に比べて技術や治療法などの進歩により安全性も高まっていて、治療を希望する患者さんも増えてきています。最近では、歯茎を切開しないで人工の歯根を埋める負担の少ない治療法も生まれてきています。

 

インプラント周囲炎について

インプラント周囲炎という歯周病細菌が増殖することで、出血や膿などn炎症が起こって、顎の骨が吸収され痩せてしまう病気があります。治療を行っても症状が改善されない場合には、摘出しなければいけなくなってしまいます。インプラント周囲炎の治療のためには、細菌の除去や薬物投与などにより軽減を図る非外科的治療と炎症部分を切り取る外科的治療が行われ、それでも回復の見込みがない場合には取り除くことになります。予防のためには、ブラッシングやPMTCなどによりプラークや歯石を取り除き、定期健診を受けることが大切です。

↑PAGE TOP